蔵人

より美味しい焼酎を造るためには、どんな妥協も許さない。そんなこだわりは、杜氏から杜氏へとしっかりと受け継がれてきました。彼らの球磨焼酎づくりにかける揺るぎない信念と情熱、そして経験などが渾然一体となり、それが熟練の技となり個性ある風味となるのです。

蔵人イメージ1

IMAGE
酵母、麹に生命がある。わが子のように育て毎朝蔵へ来るのが楽しみです。元気にポコポコと醗酵している醪(もろみ)を見ると安心する。「今日も元気だ」と美味い焼酎になるように手を加える。
多くの手間をかけて作り上げた焼酎をたくさんの人たちから「うまい」と飲んで頂けるよう造りたいです。

IMAGE
毎日の作業を通して、菌の無限の力に驚かされます。同じ様に造っても同じものが出来ない、生き物を扱う事の難しさに焼酎造りの醍醐味を感じます。
これからも皆様に愛されるおいしい焼酎を造れる様に頑張っていきたいと思っています。

IMAGE
焼酎造りにおいて、日々心を込めて作業しております。特に醪(もろみ)は生き物と同じなので 温度管理にとても気を遣います。私たちが心を込めて造った焼酎をより多くのお客様に飲んで頂きたいと思います。

IMAGE
「焼酎造りは奥が深い」これが最初に感じた事でした。麹のでき次第でもろみの発酵の仕方が変わってきます。一つ一つの工程をしっかり行う事で初めて納得のいく焼酎ができると思います。
とても繊細で難しい仕事ですが、お客様からの「美味しい」という声がなによりも嬉しいです。これからも球磨焼酎の伝統を守りながらより美味しい焼酎造りを目指していきたいと思います。