貯蔵

味に深みと複雑な隠し味を。

本格焼酎の様な蒸留酒は、熟成させれば熟成させる程味がまろやかになります。
「時間」だけが本格焼酎のより良い隠し味といえるでしょう。

堤酒造では貯蔵の方法を樽に求めたり、陶器の甕に求めたり、あるいはビンの中で熟成させたりしその方法も多岐におよんでいます。そうすることによって、味に深みと複雑な隠し味を生み出すのです。
球磨地方の大自然の中で堤酒造の商品群は、ゆったりとした静かな時間の中で熟成しうま味を深めています。